傷病手当金だけでは生活できない

傷病手当金だけでは生活できない〜プラスαについて…。

傷病手当金だけでは生活できない

傷病手当金だけでは生活できない

傷病手当金だけでは生活できないと感じる人は少なくないと思います。

 

私の知人の場合は週に数回、障害年金をもらいながら少ない時間帯でアルバイトをしています。

 

傷病手当金だけでは生活できない場合は、体調によっては障害年金について検討してみるというのも一つだと思います。

 

私の知人女性は職場の人間関係がもとでうつ病になり、休職している間、傷病手当金をもらっていましたが、
どういういきさつだったか忘れましたが、ストップされ、
どちらにしても傷病手当金だけでは生活できない状態でしたし、もっというと、
トラブルになった職場に戻るのも無理という事で、結局、退職し、
蓄えだけでは生活できない、そのときはすでに心療内科に通っていたので、役所などに親と相談に行き、
今は障害年金をもらって3年目くらいだともいますが、多少なりとも、
週に数回、融通の利く職場で共通の趣味を持つ人に出会えたせいか、少しずつ鬱も回復している感じですが、
もう40過ぎという事で、大変は大変みたいです。

 

今はSNSでしか絡むことはないですが、当時よりは良くなっている印象があります。

 

元々、繊細な性格なんですが、そこにきて飼っていたペットが居なくなり、
そこからさらにペットうつになり、現状も障害年金をもらっていると話してました。

 

親と同居し、実家で暮らしているのですが、親も定年し、
高齢のため、持病もあり働けない状況で、たとえ彼女が職場に残っていたとしても、
傷病手当金だけでは生活できない状況に変わりはなかったのではないでしょうか。

 

私の友人のように、傷病手当金だけでは生活できない人が大半ではないでしょうか。

 

苦しみは同じ。うつ病の症状顔つきになった理由

 

・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。

 

・うつ病の症状顔つき 目次

 

うつ病などで休職の後、退職について悩んでいる場合。

うつ病などで休職の後、やむなく会社を退職するかどうか悩んでいる場合は、
仮に傷病手当が傷病手当金だけでは生活できないとしても、慎重に判断したほうがいいです。
事情によって使える制度も使えなくなる場合もありますし、退職金などの関係もありますから、
そう様な部分についても、相談できる人がいれば一番いいですが、自分で判断しない方がいいです。

 

あくまでも私の経験談からですが、うつ病などで休職になってしまうような人は、責任感が強く、
真面目で繊細、自分一人で物事を背負い込んでしまうような人が多いと思います。

 

そう言う人の場合、全て自分で背負い込み、

 

”会社にこれ以上迷惑をかけられない”

 

など、真面目な性格ゆえに一番自分が苦しい時に、
他のこと、周りの事、好きではない人間についても迷惑をかけられないなど、
意地とかプライドとか、そういう部分が強いというか、傷病手当金だけでは生活できない事も含めて、
今は自分と、最低限のあなたが大切にしている人、家族の事だけを考えて行動していただければと思います。

 

あなた自身の印象として、傷病手当金だけでは生活できないというのであれば、
今の状態でプラスαについて考えるのが先決ですよね。

 

誰かの迷惑がかかかると言うのであれば、
それはあなたの体調が戻ってから恩返しすればいいと思います。

 

傷病手当金 打ち切り 理由

傷病手当金が打ち切りになる理由の一つに、働ける状態だと判断された場合があります。

 

当然と言えば当然ですが、傷病手当金だけでは生活できないとどこかで働いたりすると、
働ける状態にあると判断され、傷病手当金は労働が可能になれば打ち切りになります。

 

こんなことを言うと語弊があるかもしれないですが、
傷病手当金だけでは生活できないからと、うつ病が完治しないまま働いてしまうと、
傷病手当金だけでは生活できないだけではなく、それすらももらえなくなってしまうので、
状態が状態だけに、自分一人であれこれ判断するのは難しいとおもいますから、
その種のことを相談できる、心療内科の先生だったりに、まずは相談してみるというのも一つです。

 

傷病手当金だけでは生活できないと悩むあなたに、
よろしければこちらを参考にしてみて下さい。
具体的に傷病手当金、失業保険、障害厚生年金などについて紹介されていますので
ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

傷病手当金だけでは生活できないと悩むあなたに参考になるのは

page top