嫌がらせする人の末路

嫌がらせする人の末路〜危なかった…。

嫌がらせする人の末路

嫌がらせする人の末路

嫌がらせする人の末路って、私はアルと思っています。

 

嫌がらせする人の末路がどんなものかはハッキリとは言えないですけれど、
もちろんいいモノではないと言う事だけは確かです。

 

末路っていうと少し大げさに聞こえるかもしれないですが、人に嫌がらせをしたり、
自分がよくないと思ったことをすると、なぜか巡り巡って自分のところに返ってくるんだと私は最近思いますね。

 

聞くところによるとこれはカルマの法則と言う宇宙の法則らしいですよ。

 

実体がないから信じにくいのは百も承知ですが、このことを受け入れることで、
今まで自分が嫌な思いをしてきたことに対してのつじつまが合うような気がするんですよね。

 

誰でも人に嫌がらせしたことはありますもんね。

 

キレイごと抜きに小さい大きいは別にして、一度も人に嫌がらせというか、
人に嫌な思いをさせたことのない人なんていませんよね。

 

その時の事が自分に返ってきていると思えば、何か救われる部分もあるんですよね、不思議ですが。

 

ニート 彼氏ほしい〜引きこもりを抜け出す転機になったこと…。
・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。
・うつ病の症状顔つき 目次

 

嫌いな人に嫌がらせする方法

たとえばなんですが、嫌いな人に嫌がらせする方法みたいなことを考えているような人は、
単純に幸せになれないと思いませんか?

 

これって説明がつかないかもしれないですが、誰でもわかることなんです。 

 

嫌がらせする人の末路は小さいことで返ってくるか大きいことで返ってくるかは分からないですが、
人に悪口を言ったりしたりする人に、いいことない、ましてその方法を考えている人には幸せはやってこないですよね。

 

たぶんですがてん。

 

嫌がらせした人 不幸になる

嫌がらせした人がすべて不幸になるという事ではもちろんないですが、
自分にとって嫌なことが起こるみたいなことは、あるんじゃないでしょうかね。

 

つい最近もそれを感じたことがあって、過去に高級外車に軽くこつんと自分の車をぶつけてしまったことがあって、
その時、私は、これが嫌がらせに入るかどうかは分からないですが、
相手に対してぶつかった記憶がないと嘘を言ってしまったんです。

 

相手の人も一応車は目立つ傷がないということで、私のウソを見抜いて腑に落ちてない感じでしたが、
見逃してくれてその時はそれで済んだんですが、何年か経ったある日、
今度は私の新車が年配の人に後ろからぶつけられてしまったんです。

 

私はエンジンを切って停止していたところに無防備に後ろからドンとやられたので慌てて車を降りて、
話し合いをしましたが、なんと!相手は過去の私と同じようにぶつかっていないというんです。

 

間違いなくぶつかったのに記憶にございませんと…。

 

その時、私はあたりが暗かったので正確には車の状態を確認できませんでしたが、
ぶつかった相手はどこかの大きな会社かなんかの運転手で、となりには偉そうな人物を載せていた風だったので、
たぶんここでぶつかったからと警察に行ったりするとその運転手さんはメチャクチャ責められて、
もしかすると会社も解雇されかねないと思ったので、結局見逃すことにしました。

 

見逃す決め手は相手が

 

「1万円くらい渡しましょうか?」

 

と言ってきたことです。ということはぶつかったのわかってるじゃん!と思いましたが、
その申し出を断りました。

 

私はその時思い出したんです、嫌がらせする人の末路とは違うんですが、同じパターンで若いころに嘘をついたことを。
巡り巡って戻ってきたと思えたことで相手のことを許すことが出来ました。

 

この体験は嫌がらせする人の末路に通じると思うんですが、
小さい大きい関係なく、過去の過ちは良くも悪くも私は返ってくると考えています。

 

この話にはもう少し続きがあるんですが、当てられたら宝くじを買った方が良い聞いたので、普段は1枚しか買わない年末ジャンボを10枚購入したんですが、見事3000円当たりました。(笑

 

この体験から、私は嫌がらせする人の末路、良いことをした人の末路もあると信じるようになったんです。

 

嫌がらせをする人 スピリチュアル

これってたぶんスピリチュアルな話なんだと思いますが、私はスピリチュアルの事は分からないので、
正直そのへんは何とも言えないですが、嫌がらせする人の末路について、
悪い行いをしたら悪いことになって自分に返ってくる、良いことをすると良いことになって返ってくるというのであれば、
そういう心がけで日々を過ごしていった方が幸せになれる気がしませんか?

 

嫌がらせする人の末路として、悪い行いの清算が何歳で返ってくるかなんてわからないですが、
私が思うに、思いがけない時に返ってくると思っているんですね、
だから、仮に誰かに故意に嫌がらせをしてしまったとしたら、嫌がらせする人の末路には気を付けようがないというか、
備えようがなというのが私の行きついた答えです。

 

何だかよく分からなくなってきましたがてん。(笑う

 

嫌がらせする人の末路をいつか思い知れと思って我慢できる範囲で我慢してあげる勇気

なので仮にあなたが、たとえば何かの嫌がらせを受けているとして、
たとえば仕事での上司のパワハラ、あるいは職場の人間関係からの嫌がらせを受けた場合は、
その人に対する嫌がらせする人の末路について考えることで少しは気持ちも楽になるのでしょうか。

 

そういう人にはかならず返ってくる心理はあると私は思います。

 

嫌がらせする人の末路ってあると思います。

 

人に嫌なことをすると自分に返ってくるものですよ。

 

嫌がらせする人の末路について気休めにでもなれば幸いですが。

 

page top