うつ病 治らない 性格

うつ病が治らない性格と理由

うつ病 治らない 性格

うつ病 治らない 性格 

うつ病が治らない性格について、そう言うすべての人がそうだという事は決してないのは当たり前ですが、
自分の性格について考えると、うつ病が治らない性格、または治りにくい、鬱になってしまう人をみていると、
真面目で素直、責任感が強い、曲がったことができない、このようなことで悩むことが引き金になるというのはあると思います。

 

私はよく、周りから、

 

「もう少し適当でいい」

 

とか、

 

「そんなに時間をかけなくても雑で良い」

 

みたいなことを言われることが度々あったんですが、そう言われても、

 

「これが自分なんだから、自分の性格です。」

 

みたいな気持ちを常に持っていたので、そう言う部分がうつ病がなかなか治らない性格を持ち合わせていたと、
回復した今は弔辞を振り返って感じているんです。

 

うつ病が治らない性格が関係ないと感じる部分。

うつ病治る人治らない人がいるとして、それは性格だけではないと私は思っているんです。
自分では耐えられないほどの過度なストレス、その重さはやはり個人にしか分からないですし、
そのショックと言うんでしょうか、その重さによっても立ち直り、
回復の期間というのは違ってくるような気がします。

 

外から見ると何でもないことだとしても、
本人からすると耐えがたい苦しみという事だと思います。

 

うつ病の特徴の一つは、外からは普通に見えるところが厄介だと思います。
外的、内的な病気ではなく、こころという部分で、うつ病の特徴、見た目から分かりにくいことで、
周りは心の弱い人みたいな目で見られるのが、なかなかうつ病が治らない部分、性格だけではないと思うところです。

 

これはあくまでも私個人の考えですが、私の場合も、うつ病の治療をしている間も、
職場で一部の人間はそう言う目で見ていたのを覚えています。

 

さげすんだ目で見られていた、それに対してさらに私もますます頑なになるというんでしょうか、
このあたりがうつ病が治らない性格、治りずらい性格と言えるのかもしれないです。

 

ただ、自分のうつ病の対応として、うつ病の症状が初期の場合であればなおさら、
そう言った環境から離れるのが一番いいことは間違いないと思います。
それを考えると、そこにはうつ病の治らない性格とか、あんまり関係ないように思います。

 

うつ病が治らない性格。どうしていつまでも治らない人は治らないのか? 

うつ病が治らない性格はちょっとおいておいて、どうしていつまでも治らない人がいるのか、
うつ病にになったとしても、色々な方法から治る人もいるけれど、何年も治らない人もいる、

 

この部分が上記でも少し触れた部分で、鬱になってしまった原因である、たとえば人間、
あるいは環境、それにいつまでも関わっていたり、そう言う環境にいると、

 

やはり薬とかを飲んでもうつ病がなかなか治らない、さらに性格も可能性があるとしたら、
やはり原因究明、そのものを取り除かなければうつ病はなかなか治らない野かもしれないですね。
本人にしか分からない心の奥底にある根深いもの、性格だけが邪魔しているわけでは決してないと私も当時を振り返って感じます。

 

職場の人間関係のトラブルから、今の自分の状態、さらには幸せそうな友人との環境の違い、格差、
自分はどうしてこんな状態なんだろうみたいに、どんどんドンドン負のループに迷い込んでいってしまい、
ネガティブな世界から出てこられなくなっていたとことが、改善しなければ分からないんですよね。 

 

うつ病は薬じゃないと治らないのか?

うつ病は薬じゃないと治らないかもと考えている人も多いと思います。

 

薬は絶対に飲みたくないから自力でみたいな人も中にはいます。

 

しかし、中には薬より治癒率、再発率共に優れているものもあるようですので参考にしてみてください。

 

「行動認知療法」というものです。

 

行動認知療法は私も当時は知らなかったのですが、
自分の鬱になりやすい性格、そこの部分の考え方を見つけてから進めるそうです。

 

うつ病が治らない性格かどうか?

 

たとえば自分の性格が鬱に陥りやすいのかどうか、それを見つけてから、その解決策を考えるイメージです。

 

たとえば、今、心療内科に通っているけれど、薬はできるだけ飲みたくないなどの場合、
もちろん、うつ病の度合いにもよると思いますが先生に相談してみるというのは一つだと思います。

 

うつ病が治らない性格について参考になれば幸いです。

page top