うつ病 接し方 ほっとく

うつ病 接し方 ほっとくことについて

うつ病 接し方 ほっと

うつ病 接し方 ほっと<

うつ病の人への接し方としてほっとくというのは、なかなか難しい部分はあるのではないでしょうか。

 

うつ病を患っている人が家族だったり、対背ちな人だったりした場合はとくに、
うつ病と分かっているだけに接し方に気を遣うかもしれないですね。

 

ほっとくのはどちらかというと出来ないのではないでしょうか。

 

うつ病の人との接し方、友人の場合。

うつ病の人との接し方で相手が友人の場合は、ある程度はほっとくというより、そっとしておくというのも一つかと思います。

 

あくまでも私の経験談からなのですが、自分がうつ病であるということに、どこか甘えてしまっている部分が見えたりして、
あなた自身も少しイライラすることも時々あるんじゃないでしょうか。

 

もちろん個人差もありますし、全然そんな状況ではない人ももちろんいますが、
明らかに自分に甘いと感じる、あるいは楽してばかりいるとあなたが感じる場合、
そういう要素もきっとあるんだと思います。

 

人間はうつの症状とは関係なく、自分への甘え、あるいは楽な方に行きたいという気持ちは普通に持っているものですから、
あなたの友人に明らかにそういう部分が目立つようであれば、少し突き放すというか、
うつ病とはいえ、接し方を少し変えてみる、ほっとく時と、接するときとメリハリは必要ではないでしょうか。

 

私はうつの時と、そうじゃない時と両方経験しましたが、私の場合は軽度でしたので、あなたの参考になるかは分からないですが、
少しの間休職して、職場に復帰した時など、やはり甘えはあったと思います。

 

たとえばですが仕事の内容について相談しながら完全職場復帰を目指そうと自分で考えていましたが、
周りが少しきつめの仕事を持ってきた時は、

 

「まだ調子が良くないのに、こんなことさせるの?」

 

みたいな気持ちになったことも何度かありました。

 

これってきっと自分を甘やかしてる感じですよね。

 

友人がうつ病の場合、個人差もありますが、あなたが接し方を決めるのはもちろんですが、
そこの選択肢の一つとして、ほっとくというのも大事だと思います。

 

苦しみは同じ。うつ病の症状顔つきになった理由

 

・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。

 

・うつ病の症状顔つき 目次

 

うつ病 接し方。限界ならいったんは ほっとくのも必要。

うつ病の人との接し方として、少し冷たいようですが、理解の限界と言うのもあるのも事実ですから、
そんな時は自分のためにも、相手をほっとくのも必要だと思います。

 

ずっと接していると、
イライラしすぎてこちらまでおかしくなってくる時も場合によってはあるんですよね。

 

うつ病の方が家族の場合、まるっきりそういう接し方をするのは難しいかもしれないですが、
相手が友人などの場合はほっとくというより、今は無理して関わらない方がいいという考え方もあるのではないでしょうか。

 

うつ病の人との接し方についてほっとくべきかというまとめ。

うつ病の人との接し方について、相手の事をほっとくべきかという事についてまとめると、
付かず離れるという言葉が一番シックリくるのではないでしょうか。

 

友人知人、あるいは家族がうつ病にかかってしまったとしても接し方を変える必要はない、
普段通りに接していくのがいいのではないでしょうか、ほっとくとかではなく、寄り添うところは寄り添う、
突き放すところは突き放す、なんか相手も本当はそうして欲しいという気持ちが、こころにあるような気がするんです。

 

私がうつ病にかかってしまった時、接し方が極度に優しい人と、普段通りの人と周りに両方いましたが、
普段通りにしてくれる人の方がありがたかったのを覚えています。

 

ほっとくわけでもなく、普段通り、話しかけてくれる、忙しい時は無視される、
反対に普段以上に優しい人に対しては、申し訳ない気持ちが強くなってしまい、またそこでネガティブになってしまうんですよね。

 

もし、あなたの周りにうつ病にかかってしまった人がいる場合、
度合いにもよりますが、接し方はほっとくとか寄り添うとかではなく、普段通り接するのが一番いいと思うのですが。

page top