うつ病 治療期間 平均

うつ病の治療期間。平均より早く改善を目指すことについて

うつ病 治療期間 平均

うつ病 治療期間 平均

うつ病の治療期間の平均について、自分のことと、同じ職場にいた数名の人の事を考えてみたんです。

 

これはあくまでも私個人の経験談からの考えなので一概には言えないですが、
軽度の場合でも3か月、入院が必要な重度の場合は早い方でも1年くらいはかかるんじゃないかと思います。

 

正確には、そのくらい私の場合も含め、周りに軽度、重度のうつ病の人達はそのくらいの期間でした。

 

もちろん、個人によると思いますが、うつ病の治療期間の平均は、
そのくらいだと参考程度に考えていただければ幸いです。

 

うつ病の治療期間の平均と言っても。

うつ病の治療期間の平均と言っても、軽度の場合でも半年は考えたほうが気持ちとしては楽なのではないでしょうか。
私の場合はうつ病が治る兆候というんでしょうか、人との会話の中で笑顔も少しずつ増えてきて、

 

「私、戻ってきたかな…。」

 

と、自分で認識できたのがだいたい3か月くらいだったという事で、完治したのが3か月というわけではなく、
気がつくと戻っていたという感じでしたので、人も環境も何も変わっていない、あるいは恋愛が原因など、
その後、ぶり返してしまう場合もあります。

 

うつ病早く治す方法は

 

「自分の気持ちを切り替えること」

 

なんて軽く口にする人がいますが、それが出来れば苦労はしないですし、
それが出来ないから長く苦しんでしまうということはあるんじゃないでしょうか。

 

うつ病の治療期間。平均より早く改善を目指すなら。

うつ病の治療期間。平均より早く改善を目指すなら、自分がそうではないかと感じたら、
早めに精神科、心療内科などを受診するのがいいです。

 

軽ければそれだけうつ病の治療期間の平均を下回ることもできるというんでしょうか、
早めに甘えるような気持で、相談に行く感覚で気軽に受診するような心持ちは必要だと思います。
心療内科と言っても普通に色々な人が風邪を引いて通う内科のクリニックと同じように利用している人も多いですし、
うつ病の治療期間の平均を考えて不安な気持ちになるより、早く良くなる可能性を考えたほうがいいですよね。
薬をもらうのもいいんですが、話を聞いてもらえる先生に出会えると、とにかく気持ちが楽になるんですよね。

 

私の場合、仕事が忙しすぎて鬱になったようなものですが、仕事はそんなに休めないけれど、
その時は何も手に付かない状況、薬が効くと、人によっては回復が早い場合もあるとも聞きます。

 

うつ病の治療期間、入院した場合の平均の期間。

うつ病の治療期間、入院した場合の平均の期間については、もちろん症状にもよると思いますが、
だいたいは入院しても3か月以内が目安だと思います。
診療報酬の都合もありますが、その人の状態にもよると思いますが3か月から7か月くらいだと思います。

 

入院するかどうかは主治医の判断とかもあると思いますが、病気の状態を落ち着かせるためには有効かもしれないです。
その場合は主治医の先生と慎重に相談し、入院が必要かどうか、それとも自宅療養でも大丈夫なのか、
話し合われてからの方が良いと思います。

 

うつ病の治療期間の平均について、私の経験談から記事にしたんですが、大切なのは早く治したい気持ちもわかるのですが、
やはり心に余裕がある状態でうつ病の治療期間を平均につくることだと私は思います。

 

うつ病の治療期間の平均について参考になれば嬉しいです。

page top