爪 ,色 ,悪い

爪 色 悪い〜私の残念な出来事

爪 色 悪い

爪 色 悪い

爪の色が悪いことを気にしているのですね。
爪の色が悪いというのは紫っぽい、黒っぽいとか色々だと思いますが、
何かの病気の可能性も否定できませんので、一度、皮膚科だったり、
あるいは内科、呼吸器なども受診してみたほうが良いかと思います。

 

何度もなければそれはそれで安心できるのですから。

 

気になる場合は、早めに受診してください。

 

爪の色が悪いけど、特にどこも悪くない。

爪の色が悪いということで、病院を受診して診てもらっても、とくに皮膚、
あるいは疾患などもなく、他に変わった症状もなく、
健康だという場合、血の巡りのせいもあるかと思います。

 

私も寒い日などは血の巡りが悪いのか、爪の色が悪い、少し紫っぽかったりすることがあります。

 

血流が滞ると、爪の色が悪い、あるいは爪の色が悪い事に気がつくことで、
手を温めたり、カラダを温めたり、手をマッサージしたりして、
血流を良くすると改善される場合もあります。

 

私がしているちょっとした方法がるのですが、血流のせいで爪の色が悪い感じがした場合、
スキンケア時に、最初、お水が出てからお湯に変わるまで少し、
水を出しっぱなしにしてお湯が出てから温かいお湯でケアする女性がほとんどだと思いますが、
ここで私の場合、冷たいうちから手を冷たい水に当てて、温かくなってお湯になるまで、
ゆっくり見ずに手を当てて洗顔ないしケアすると、爪の色が悪いのがピンク色にもどります。

 

私の場合、冷え性と言うのもあり、そのせいで爪の色が青黒くなる感じなので、
手の指、爪の横の部分を軽く押してマッサージするというのも血流改善に良いようです。

 

爪の色が悪い。ホルモンの乱れ

爪の色が悪い原因の中にはストレスによるホルモンの乱れ、自律神経の乱れなども関係しているようです。

 

肌を締め付けるような衣類の着用もあまりよくないようです。

 

たとえば私がよくして締まっているのは、ウエストを細く見せようと、ベルトをきつめにしたり、
無理にピチピチの下着を付けてみたり、強く締め付けていることで、血流が悪くなる原因にもなりますので、
その辺りを少し気をつけてみると爪の色が悪いのが変わる可能性もあります。

 

爪の色が悪い部分を食生活での改善を考える場合は、
タンパク質、ビタミンE群、ビタミンC群、ビタミンB群などを含んだ食事をバランスよく取ることが大切です。

 

ただ、くどいようですが、何かの病気で治療が必要な場合もありますので、
不安で病院を受診されていない方は、早めに受診した方が間違いないと思います。

 

受診して検査して問題なければ安心ですし、ネイル、
爪の水虫など、爪には細かなトラブルが普通にあると私は思います。

 

爪の色が悪いというか…。

爪の色が悪い感じがして悩んでいるのですね。

 

爪の色が悪いというか黒くなっていたり線が入っている感じがあるのではないでしょうか。

 

爪の色が悪い、線が入っている感じがあるのは私にもありますが、
爪の色が悪い、色が通常はピンクのところ、少し黒い感じになっている場合は、
血液に流れが悪くなっているのかもしれないですよね。

 

爪の色が悪いか、後、線が入っているような部分で栄養不足かどうかなども分かると言いますよね。

 

爪の状態で健康かどうかが分かるなんて言う人もいますが、爪が割れたり、裂けたりといったことが続いている場合は
もしかすると色が悪いことにも関係しているかもしれないので病院に行ってみた方が良いかもしれないですよね。

 

どこかに爪を挟んだりして血豆が出来ていて、爪の色が悪いというのであればまた別だとは思いますが、
何週間も爪の色が悪いまま、回復しない、さらに爪の色の悪いのが良くならないという場合は、
もしかしたら何かの病気のサインかも知れないですから気をつけましょう。

 

ただ、多少爪の色が悪い感じがあっても、ある意味その日のコンディションによっても違う場合はあると思いますので、
その辺も踏まえて気にかけてみるとまずは良いかもしれないです。

 

また寒い時など、指先が紫色になることはありますよね。爪の色が悪い、日常的に紫色のような色をしている場合は
血行が良くないということになる血行障害の可能性が考えられるかもしれないですね。

 

血液がドロドロの状態というのは日常生活の中で珍しいことではないと思います。
正直、私も不摂生をしていたことはたぶん血液がドロドロだったんだろうと今考えると思います。

 

顔色もよくないとよく言われてましたから。

 

爪の色も確か悪い感じがありました。爪の色が紫色っぽいこともあったような。

 

爪の色が悪いことが心配な場合は、一度、病院に行って見た方が良いともいますが、
仮に爪の色が悪いのが血行だと仮定して、改善策として血液をサラサラにするために、
やっぱり食生活の改善が早いかもしれないですね。

 

私も最近は爪の色が悪いというのもあるのかもしれないですが、血行が良くないような気がして、
玉葱やエリンギなど、血液をサラサラにすると言われているようなものを食べるように心がけています。

 

生活習慣を改善したり、食生活の見直すということは爪の色をきっかけに大切に思うようになりました。

 

たぶん大丈夫だと思うのですが足の爪にだけの色が悪い、紫色みたいになっている場合は、
糖尿病など場合もあるそうです。

 

生活習慣病にならないように気をつけたいですよね。

page top